HOME > エクステリア業者の選び方 実践的な6ステップ > step4 業者のタイプや傾向を知り、見積を依頼する

step4 業者のタイプや傾向を知り、見積を依頼する

依頼したい業者はどのタイプ?

エクステリアリフォーム業者といっても業者には以下のようなタイプがあります。

  • ハウスメーカータイプ
  • コスパ追求タイプ
  • エクステリアリフォーム専門業者タイプ

こちらのページでは、業者のタイプを説明しますので、依頼したいタイプの業者を見極めていきましょう。

ハウスメーカータイプ

ハウスメーカーの下請けの施工会社で、中間マージンが必要になります。ハウスメーカーで建物を建て、そのまま外構をハウスメーカーに依頼する場合に、このタイプの施工会社が紹介されます。

建物からの流れで施工するので、スムーズな施工が可能です。

なお、同じ施工会社であってもハウスメーカーを通さずに直接依頼すると、中間マージンは発生しません。

注意点としては、ハウスメーカーからの下請けを主としている場合、既存の設計をもとにした施工が多いため、直接依頼した際の提案力やデザイン力が劣る場合があります。

コスパ追求タイプ

わかりやすく言うと「安さを売り」にしている業者です。低価格にできる理由はさまざまありますが、安くするために工事に必要な素材やデザインを押さえる場合もあり、エクステリアにあまりこだわりを持っていない方や、デザイン性はお任せでも構わない方、とにかく安い方がありがたい方におすすめでしょう。

エクステリアリフォーム専門業者タイプ

デザインの提案から施工、管理を一社で行っているエクステリア専門業者です。エクステリアの専門知識があり、自社集客も行っているため、デザイン力や提案力が期待できます。

エクステリアにこだわりを持つ方や、個性的なデザインを求めている方にはおすすめでしょう。

また、金額が高くなるのでは?という心配を持たれる方もいるでしょうが、ハウスメーカータイプのように中間マージンが発生しないため、コストパフォーマンス的には一番高いです。まずは見積もりを取って相談してみてもよいでしょう。

エクステリア専門業者は、その地域での評判が非常に大切になるため、安かろう悪かろうや、手抜き作業などをしない傾向があります。自社のホームページを持っていることも多く、そこで過去の施工事例や、施工の管理体制などを確認することができます。

地域の評判、WEBサイト上での施工事例等々から、一番情報を得やすく、確実な業者を選ぶことができるのもエクステリアリフォーム専門業者タイプで依頼先を探すことのメリットの一つです。

総合的にみるとエクステリアリフォーム専門業者タイプがおすすめ

大きく3つのタイプにわけましたが、どこにもメリット、デメリットがあります。毎日の暮らしを豊かにする、お庭や外構。

一番自分のライフスタイルに合ったものや、生活がたのしくなる「なにか」を求める方にはエクステリア専門の業者にまずは相談されるのがよいのではないでしょうか。

最も理想を実現してくれる可能性が高く、ハウスメーカータイプのように中間マージンも発生しないためコストパフォーマンスも一番高そうです。

内訳確認でトラブル回避!エクステリアリフォームの見積もりの取り方と注意点

エクステリアリフォームの際、工事費内訳や見積書の内容をよく確認することは、後の様々なトラブルを防ぐために必須です。 見積もりを取る段階から内訳を確認するまで、一連の流れや注意したいポイントなどを解説します。

見積もりの流れと優良業者の見分け方

見積もりをしてもらうには、まず、リフォーム業者に事前調査依頼をします。このときに、必ず複数の業者に事前調査依頼をしてもらい応対品質や料金、工事の開始時期の目安を比較検討しましょう。

なぜなら、この段階で優良業者を見極めるための大切なポイントがあるためです。

例えば、どのようなデザインにしたいのか、どんな設備が欲しいのかなど、こちらの話によく耳を傾けてくれる業者を選びましょう。そうでないと、こちらの意図をあまり反映していない仕上がりになってしまうこともあります。 優良な業者の場合は、事前調査や計測を丁寧に行い、調査の段階で安請け合いはしません。

また、相場とかけ離れて安い金額を掲げている業者も要注意です。見積もりまでは自社で行い、肝心な工事は外注業者や下請けに流す場合もあります。

そうなるとこちらの要望や事情をよく知らない第三者による工事となってしまい、理想とは程遠い仕上がりになる可能性もあります。

見積もり書と工事プラン作成を依頼

業者を何社か選んだら、いよいよ見積もりと工事プランの作成依頼します。

その際は、他の業者にも見積もりを依頼している旨を伝えましょう。 競争相手がいることが分かると、良心的な料金を提示してくれる可能性が高くなります。見積もりが出来ると、多くの場合はCADによるイメージパース図や平面図も見積り書と一緒に見せてくれます。省ける部分は除き、提示されたプランが気に入らない場合は、しっかり納得がいくまでプランを練り直しましょう。

しかし、プランの練り直しをする際に気を付けてほしいのが、プランの作成1回ごとに料金を取る業者もいれば、顧客が納得するまで何度でも無料で作成するとしている業者もいます。前もって、事前調査を依頼した際に見積もり作成やプラン作成は無料かなどを確認しておきましょう。

工事費内訳を細かく確認

見積書の項目はできるだけ詳細に記載してもらうようにしましょう。それによって、どのような工事にいくらかかるのかが明確に分かります。
一般的に、見積り書に記載される内容は以下の4つが多いです。

1. 工事費

この項目には工事価格・仮設工事費・諸経費・消費税が表示されます。工事価格とは、材料費や設備費用、現場管理費などです。

2. 見積もりの有効期限

木材など、時間の経過で価格変動がある材料を用いる際には有効期限が設けられている場合がありますので、一応確認しましょう。

3. 別途工事費

プランの練り直しによって追加工事が発生した場合や、顧客の要望や状況によって工事内容が変更された場合、工事費とは別に見積もられた費用を指します。

4. 施主様負担分

工事の際どうしても必要になる水道代や電気代など、施主が負担する費用を指します。 また、顧客の希望によって取りつけることになったアクセサリーやインテリアの費用もこれに含まれます。

契約と着工前の最終確認事項は念入りにチェック

プランが気に入り、本格的に契約を考えるタイミングになったら、契約前に以下の点をもう一度チェックしましょう。

  • 希望した通りの工事プランになっているか
  • 見積もり書の内訳は明朗か
  • 見積もりや工事内容に不明な点、心配な点はないか
  • 追加料金が発生するのはどのような場合か
  • 着工から工事終了までの期間は明確か
  • 工事費支払いの時期と方法
  • アフターメンテナンスや保証はあるか。ある場合は保証適用年数や保証内容の規定はどのようになっているか

次のページstep5は「担当者の提案力を見極める」

おすすめ
実績豊富で頼れる
エクステリアリフォーム専門の業者3選

つくりたいお庭タイプ別に紹介

  • 家族のリラックス空間

    クローバーガーデン公式サイトのキャプチャー画像

    クローバーガーデン

    和む、安らぐ、楽しめる。くつろぎの場所づくり。自然の癒しや季節をうまく取り入れた「家族がリラックスできる」お庭・外構

    クローバーガーデンの
    公式サイトを見る

  • 園芸が趣味な人のお庭

    木村植物公式サイトのキャプチャー画像

    木村植物園

    園芸専門店として50年以上の歴史。植物の専門家ならではの、「ガーデニングなど趣味も楽しめる」お庭・外構

    木村植物園の
    公式サイトを見る

  • 高級感ある英国風

    ザ・シーズン公式サイトのキャプチャー画像

    ザ・シーズン

    積水化学グループの一員として確かな品質。英国貴族の伝統のある雰囲気で「高級感のある」お庭・外構

    ザ・シーズンの
    公式サイトを見る

ページトップへ

これからの暮らしを考えて エクステリアリフォームする人のためのサイト

サイトマップ

庭とエクステリアの施工例集
首都圏のエクステリア工事(デザイン)業者
エクステリアリフォーム業者選び 実践的な6ステップ
エクステリアにまつわる、よくある質問

※このサイトは、個人が調べてまとめたサイトです。(2017年3月時点の情報をもとに制作) 最新の情報などは、各会社の公式ホームページをご確認ください。